石川直樹 極北

石川直樹     極北
NAOKI ISHIKAWA – Far North –

2018.1.21(日) – 2.18(日)at NEW ALTERNATIVE

※Special Event    1.21 (日) 18:00 – 20:00
トークショウ&ブックサイニング  入場料 ¥1500 (要予約:1ドリンク付)

写真家/石川直樹の新作写真集『Svalbard』(スヴァルバール/SUPER LABO刊)
の刊行記念展を鹿児島NEW ALTERNATIVEにて開催致します。

本展は、新作Svalbardに加え、石川直樹が過去に旅した極北地域の写真、
そして旅の道具などとあわせて展覧します。

スカンジナビア半島に位置する北極圏の最北の街「スヴァルバール」と、極北地域の圧倒的な自然と
季節によるその変化。

写真家であり冒険家の石川直樹による鹿児島では初となる個展、そして貴重なトークイベント(要予約)を開催。

ニューオルタナティブとのコラボレーションアイテムも販売致します。

 

 

Svalbard(SUPER LABO刊)
石川直樹
w22.3 x h29cm
120 ページ
97 イメージ(カラー)
上製本一部布装
カラーオフセット印刷
8,424円(税624円)

 

 

石川直樹 (いしかわ・なおき)

1977年東京生まれ。写真家。
東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。人類学、民俗学などの領域に関心を持ち、辺境から都市まであらゆる場所を旅しながら、作品を発表し続けている。『NEW DIMENSION』(赤々舎)、『POLAR』(リトルモア) 集英社)ほか多数。最近では、ヒマラヤの8000m 峰に焦点をあてた写真集シリーズ『Lhotse』『Qomolangma』『Manaslu』『Makalu』『K2』(SLANT)を5 冊連続刊行。
最新刊に写真集『DENALI』(SLANT)、『潟と里山』(青土社)、『SAKHALIN』(アマナ)、著書『ぼくの道具』(平凡社)がある。

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

NOMA t.d. EXHIBITION

NOMA t.d. EXHIBITION 

2017.11.23(木・祝) – 12.10(日) at NEW ALTERNATIVE

NOMA t.d. デザイナー野口真彩子によるシルクスクリーン作品集「BETWEEN LINE AND PATTERN」の刊行を記念した展覧会を開催致します。本書に掲載されたシルクスクリーン作品(全て一点モノ)に加え、NOMA t.d.とアーティストとのコラボレーションアイテムも販売予定

Opening Event 11.23 (木・祝) 18:00 – 20:00 
トークショウ&ブックサイニング(入場無料)

 

 

野口真彩子 作品集

「BETWEEN LINE AND PATTERN」

定価:2,500円 + 税

仕様:
ソフトカバー/230 x 300mm/40ページ

PUBLISHER:SO1

 

 

NÒMA t.d. BOOK 1

ブランドの背景や私達が大切に思っているものを1冊にまとめた「NÒMA t.d. Book 1」。

‘keep it real ‘「自分らしく」「自分らしく居て」というテーマで10人のアーティストが、それぞれの自身に対する想いで制作されており、この本のために作られた、作品や未発表も収録されている。

参加アーティスト

川内 倫子/角田 純/Terri Weifenbach/大森 克己/沖嶋 信/渋谷 ゆり/今津 聡子/吉田 昌平 x 森山 大道/政田 武史/野口 真彩子 (NOMA t.d.)

 

NOMA t.d.   ノーマ ティーディー
テキスタイルデザイナーの野口真彩子とデザイナーの佐々木拓真が2005年にスタート。ハンドドローイングを活かした個性的なテキスタイルと、シンプルな中にデリケートなディテイルを加えた独特なデザインが注目を集めている。洋服の作り手としての活動のみならず、様々なスペースにて彼ら自身の手によるアートワークの展示なども積極的に行い、2008年には別 ラインとして「NOMA COUNCIL」をスタート。洋服以外のプロダクトデザインも行っている。

http://www.nomatextiledesign.com

 

野口真彩子
武蔵野美術大学短期大学を卒業後、1998年渡英。2003年ロンドン「Chelsea College of Art and Design テキスタイルデザインコース」卒業。在学中からテキスタイルデザイナーとして活動を始める。卒業後ニューヨークに拠点を移し、 フリーランスデザイナーとして活動。また、NYのアートギャラリーにてエキシビジョンを行う。2004年帰国後、NOMA t.d.をスタートする。

 

佐々木拓真
ファッションバイヤーとして国内外のデザイナーのコレクションのバイイングを行い、 東京恵比寿にギャラリーを併設したコンセプトショップをオープン。NOMA t.d. スタート直後より参加する。

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

kishka vintage

kishka vintage

2017年11月11日(土)/12日(日) at NEW ALTERNATIVE

日本各地で売切れてしまうほどの人気を誇り、ファッション誌「SPUR (2017年11月号)」に特集を組まれるなど、話題の移動服屋“kishka vintage” を11日(土)と12日(日)の2日間、NEW ALTERNATIVEにて開催します。

東京、仙台、京都、鳥取、広島に続き、鹿児島に初上陸。

※12日(日)18:00より武田カオリ投げ銭ライブを開催致します。(入場無料)

*両日共に東京代々木のLittle Nap COFFEE STANDのバリスタ/濱田大介氏の来店も決定しています。

濱田氏によるドリップコーヒーもお楽しみに 。

 

 

kishka vintage ( キーシュカビンテージ )

TICA、川上つよしと彼のムードメイカーズ、trio fascinationのメンバーとしても活動しているミュージシャンの武田カオリ氏が主宰する移動式ヴィンテージショップ。

ウクライナを中心に、東欧の1920年代~50年代の東欧のリネンやヘンプ生地を用いて一つ一つ丁寧に作られた刺繍のアンティークドレスや、それらにリペアやリメイクを施したもの、そして世界各国のクローゼットで大切にされてきた70年代以降のヴィンテージなどが並ぶ。

 

濱田大介 / Little Nap COFFEE STAND

代々木公園の西側に佇むコーヒースタンド。オーナーの濱田大介はバリスタとしての一面だけでなく、店舗・空間のプロデュースも手掛ける。またミュージシャンとの親交が深く、自身もDJとして活動。 音楽イベントも積極的に開催し、コーヒーを軸に多面的な活動を繰り広げている。 2011年2月のオープン以来、Little Napを舞台に様々な職種の人々が出会っては繋がり、今や世界各国のクリエイターが訪れる東京の代表的なスポットに。 コーヒースタンドに留まらず、新たなカルチャーが生まれる場所として注目を集めている。2017年2月、Little Nap COFFEE ROASTERSオープン。

http://www.littlenap.jp

 

ISI PRESS 創刊

 

タイトルをISI PRESSとしたzineを発刊致します。
デザイナーには服部一成さんを迎え、今後様々な作家を特集していく予定です。

創刊号は、福岡を拠点に活動する作家KYNE
vol.1,vol.2と2冊同時発売します。
発売日は2017年11月1日(水)
WEBSHOPでは同日0時より販売開始いたします。
http://nag.theshop.jp

 

書籍情報

タイトル:ISI PRESS vol.1/ISI PRESS vol.2
アートワーク:KYNE
デザイン:服部一成
定価:2,000円(税別)
判型:B6版/アルミ製真空パック入り(260mm×180mm)/フルカラー32p
発行日:2017年11月1日

 

 

 KYNE
1988年、福岡生まれ。デザインを学んだのち、美大へと進み日本画を専攻。2006年より、80年代のアイドルカルチャーにインスパイアされたグラフィティをスタート。日本画やデザイン画の表現手法と、ストリートカルチャー・サブカルチャーを線で結ぶ事により、平面的な世界観の中 に奥行き と憂いを表現。その活動はギャラリーや作品展から街へと溢れ出し、様々な人々の記憶に蓄積される。2016年にはニューヨークで開催されたグループ展に参加するなど、世界から注目されている。

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

3 / 1412345...10...最後 »