リーバイ・パタ “I LIVE NOW AS AN ARTIST”

levipata-dm-omote
リーバイ・パタ exhibition “I LIVE NOW AS AN ARTIST”
2017.4.29(sat) – 5.14(san)
画家として京都を拠点に活躍するリーバイ・パタ 初の鹿児島での個展を開催。
彼の代表作とも呼べる原画作品に加え、今回の為に描きおろされた新作を展示致します。
個展のタイトルは彼が母親に宛てた手紙の一文を引用。
過去の二つの作品集のサイン会や、ライブドローイングなどのイベントも開催予定。
【Opening Party】 4.29(sat) 18:00 入場無料(要1ドリンクオーダー)
【Live Drawing】     5.6(sat) 19:00 予約不要/入場料1.000円(限定30名様)
※ライブ終了後、公開制作された作品は展示・販売致します。
 

Levi Pata

リーバイ・パタ Levi Pata
1985年 ホリスター(カリフォルニア、アメリカ)生まれ。
ネイティブ・アメリカンを祖先に持つ、京都在住のアーティスト。
2004年 カリフォルニア・パラダイスからサンフランシスコへ移住。
2009年から2011年夏まで、東京を拠点に活動。
その後サンフランシスコへ戻り、2016年京都へ移住。
現在京都を拠点に制作活動をおこなっている。
www.levipata.com

坂口恭平「God is Paper」

web-godis
坂口恭平 exhibition「God is Paper」
2017.4.8 (sat) – 23 (sun)

昨年11月より7ヶ月連続という驚異的なペースでの著作の刊行、
常に話題に事欠かない坂口恭平の新たなアウトプットであるドローイング。
過去の緻密な建築的絵画作品から一転して抽象画を描き続け、
2016年7月からわずか半年の期間で約500枚という、
異常なペースで作品を生み出している。
「躁鬱病の僕が死にたくなる度に、目の前に紙があることで、そこに書く(描く)ことで
何とか生きていける。真っ白くて平たい紙がなにか崖の途中にある突起物に思えてきてならない。
紙に感謝。- God is Paper – 」坂口恭平

NEW ALTERNATIVEの出版レーベル第一弾「坂口恭平 / God is Paper」の刊行決定記念として、
3月に開催された絵画展「かみさま」から、全て作品を入替えての展示となり、
全ての原画作品はご購入頂けます。
会期中は会場にて著作など関連アイテムの販売を予定。
詳しくはNEW ALTERNATIVEのWEB/SNSにてお知らせ致します。
 

kyouhei

坂口 恭平 …1978年生まれ
建築家・作家・絵描き・踊り手・歌い手
作家として既に20作以上の書籍が刊行され、「独立国家のつくりかた」は
9万部を超えるベストセラーに。
主な著作に「隅田川のエジソン」「ゼロから始める都市型狩猟採集生活」
「幻年時代」「家族の哲学」「現実宿り」がある。
2017年2月25日に最新作「けものになること(河出書房新社)」刊行
WEB : http://www.0yenhouse.com/house.html
 
 
 

坂口恭平 絵画展「かみさま」

image-56
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 坂口恭平 絵画展 「かみさま」
【会期】2017年3月11日(土) – 3月26日(日) 月曜休廊
作家として数々の話題作を発表し、圧倒的な存在感を示し続ける坂口恭平の新境地=ドローイング。
全て2016年以降に描きおろした新作の作品群を一同に展示します。

オープニングイベント開催決定

坂口恭平 アコースティックライブ / トークショー
日時    2017年3月10日(金) 19:00 open/ 19:30 start
入場料  2000yen (with 1drink)
場所  NEW ALTERNATIVE  ( 専用駐車場はございません )
要予約 info@newalternativegallery.com
(
メールタイトルに「坂口恭平ライブ」とご記入頂き、お名前、電話番号、人数(お1人様で2名様まで)をお知らせ下さい。人数限定イベントの為、開始10分前までに会場受付をお済ませ下さい。)

 
坂口 恭平 …1978年生まれ 建築家・作家・絵描き・踊り手・歌い手
作家として既に20作以上の書籍が刊行され、「独立国家のつくりかた」は9万部を超えるベストセラーに。主な著作に「隅田川のエジソン」「ゼロから始める都市型狩猟採集生活」「幻年時代」「家族の哲学」「現実宿り」がある。2017年2月25日に最新作「けものになること(河出書房新社)」刊行  WEB : http://www.0yenhouse.com/house.html

 

NEW ALTERNATIVE 【U30 公募展】

image-56
鹿児島のアートギャラリーNEW ALTERNATIVEでは2017年より
九州在住の30歳以下のアーティストを対象とした公募展を開催致します。
(7月開催予定)
ジャンル不問。審査員により選ばれた入選作家の中から1名の
アーティストには翌年に個展の開催が約束されます。

[募集要項]
16歳から30歳までの九州在住の作家(ジャンル、プロアマ学生不問)
作品の画像、映像などのデータとプロフィール(住所 氏名 年齢 職業
連絡先など)をinfo@newalternativegallery.comまでお送り下さい。
メールタイトルには「U30公募展」とご記入下さい。応募〆切は2017年5月末。

今回は、先の第一回の開催に先駆けてギャラリーからの招待アーティスト
5名によるVOL.0を開催致します。既に独自の世界を展開し、拡張を続
ける彼らの正にニューオルタナティブなグループ展。
【会期】2017年2月11日(sat) – 2月26日(sun) 10:00-19:00 月曜定休
イベント情報
今回の招待作家、陶芸家の古賀崇洋/イラストレーターの篠崎理一郎を迎えたトークショーを開催致します。作家としてのパーソナルな事や今年から始まる公募展の展望などを話して頂く予定です。
【日時】2/24 (金) 18:30-19:30 入場無料(要1ドリンクオーダー)
.
koubo_yoko
 

「恐竜がいた展」最終日イベント開催

開催中の「恐竜がいた展」の最終日に作者で画家の下田昌克さんによる
ワークショップ、サイン会を開催致します
【日時】2017年1月29日(日) 11時より順次
【ポートレートワークショップ】
参加者は下田さんを、下田さんは参加者をそれぞれ描き合いながら、
絵を描く楽しさと、ちょっとしたコツを教えて頂きます。
最大15名:要予約
参加費:3000円 (所用時間30分〜60分)

【サイン会】
「恐竜がいた」をお買い上げのお客様に対して、ワークショップの合間に
お並び頂いた順にサインをして頂けます。(ご予約はありません。)


※ギャラリー専用の駐車場はございません。
お車でお越しのお客様は近くのコインパーキングをご利用下さい。
image-4下田昌克 1967年生まれ。
兵庫県立明石高校美術科、桑沢デザイン研究所卒業。
1994年から2年間、中国、チベット、ネパール、
インド、そしてヨーロッパを旅行。
その2年間に 会った人々のポートレイトを描き続け、
1997年、日本に持ち帰った絵で週刊誌での連載を開始し、
本格的に絵の仕事を始め、現在に至る。
http://www.701-creative.com/shimoda/

ワークショップのご予約はNEW ALTERNATIVEまで
メール : info@newalternativegallery.com
(タイトルにワークショップ参加希望とご記入下さい)
※最終日イベントの入場は無料(要1ドリンクオーダー)

恐竜がいた展 オープニングイベント

image1
 
【恐竜がいた展 オープニングイベント開催】
【日時】2017年1月8日(日)      【場所】NEW ALTERNATIVE

13時〜

画家/下田昌克による恐竜の公開制作(ドローイング)

16時〜

「恐竜がいた」ご購入者様を対象にサイン会(限定数に達した時点で終了)

18時〜20時

オープニングレセプションパーティ
※上記全て入場無料となります。(要1ドリンクオーダー)
なお、会期後半にも特別プログラムを実施予定です。
詳細は後日、当WEB/SNSにて発表致します。

谷川俊太郎 / 下田昌克「恐竜がいた展」

image1
【恐竜がいた展】 谷川俊太郎/詩人 下田昌克/画家 
会期:2017年1月7日(土)〜29日(日) 
場所:熊本 / 橙書店 
   鹿児島 / NEW ALTERNATIVE
雑誌[SWITCH]で全20回の連載をした、
詩人・谷川俊太郎さんと画家・下田昌克さんによる「恐竜がいた」。
本連載の書籍化を記念して2016年9月に ほぼ日刊イトイ新聞さん運営のTOBICHI2(東京・青山)にて
開催された展覧会の九州巡回展というかたちで、熊本にある橙書店さんと2会場同時開催を致します。
各会場では原画をはじめ、谷川さんの詩、下田さん作のキャンパス生地で作られた
迫力のある恐竜たちを展示します。そして実際にその恐竜を被っての撮影もできます。
また、各会場の展示作品は全て異なります。
是非、両会場を行き来して悠久の時間旅行をお楽しみ下さい。
(橙書店は火曜定休、NEW ALTERNATIVEは月曜定休となりますのでお気をつけ下さい。)
イベント開催が決定しております。詳細は各会場のWEBサイトにて追ってお知らせ致します。

「ダレオド」オープニングイベントに関して

12/17(sat) 中川正子 写真展「ダレオド」オープニングイベントに関して
遠方からのお問い合わせも多く、
当日受付のみの場合にはお席をご用意できない可能性を考慮し、
急遽ご予約を受付させていただく事に致しました。
19時よりオープニングパーティ/トークショーが開催となりますので、
今回は10分前には会場にて受付を頂ける方のみ20名様分のご予約を承ります。
なお、お1人様で2名様分まで受付けさせて頂けます。
入場料は、お1人様1ドリンク付で1000円となります。会場にて受付時にお支払い下さい。
中川正子 写真展「ダレオド」
会期:2016/12/17(sat) – 12/31(sat)
10:00 – 19:00 (月曜定休 / Closed Monday)
at NEW ALTERNATIVE
オープニングパーティ&トークショー
12/17(sat)19:00 Start / 1000yen(with 1drink) at NEW ALTERNATIVE
スペシャルイベント(完売致しました) 
演奏:FOLKLORE(AOKI,hayatoharuka nakamura)+内田輝
映像:中川正子(新作写真集 ダレオド より)
12/18(sun) 18:00 Open /19:00 Start /3500yen(1drink order) at Sitiera Hall
Total info / NEW ALTERNATIVE
 

中川正子 写真展 [ ダレオド ]

dareodo
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2017年春に刊行予定の中川正子の新作写真集「ダレオド」。
そのプレビュー・イベントとしての写真展を開催します。

自身の出産と大震災という体験を経て目に映る世界を切り取った「新世界」、
岡山で暮らすようになって出会ったひとびとの景色を紡いだ「IMMIGRANTS」。
その先に生まれた「ダレオド」。
作家が込めた思いをぜひ、ご覧ください。
【会期】2016年12月17日(sat) – 31日(sat) 月曜定休
EVENT
中川正子写真集「ダレオド」刊行記念
オープニングパーティ&トークショー

日時:12/17(sat) 19:00〜
参加費:1000円 (1ドリンク付) 
場所:NEW ALTERNATIVE
SPECIAL EVENT
FOLKLORE(AOKI,hayatoとharuka nakamura)+内田輝によるライブ
中川正子による映像上映(ダレオドより)
完売致しました。

日時:12/18(sun) Open 18:30 Start 19:00
参加費:3500円 (要1ドリンクオーダー)
場所:Sitiera Hall (鹿児島市住吉町7-18 2F)
チケットINFO: info@newalternativegallery.com

五木田智央フェア

%e3%83%94%e3%82%af%e3%83%81%e3%83%a3-4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今や現代アートの世界のみならず、多くの熱狂的ファンを持ち、
様々な媒体で彼の作品を目にする事ができる。
バスキアを見出した事でも有名なNYの老舗のギャラリー
Mary Boone にて今年9月に開催された展覧会では
初日に全ての作品が完売するという伝説を作った画家、五木田智央。
NEW ALTERNATIVEでは11/29(tue)より
サイン入り作品集や、Tシャツなどグッズの販売をします。
期間は特に設けず完売次第終了となりますのでどうぞお早めに。