Who’s ALTERNATIVE ?

「 Who’s ALTERNATIVE ? 」vol.1

2019.2.24(sun) OPEN19:30 /START20:00
入場料: ¥3.500(1ドリンク付)
出演: 青葉市子 / ぢゃんシーラカンス
場所:鹿児島市武1-21-39(専用駐車場はありません)

– 石は語りかける。
「誰が、そして誰の、オルタナティブなのか」-

鹿児島ニューオルタナティブ最後のイベントは、昨年11月に最新アルバム”qp”の発売に伴う「qp tour」鹿児島公演を大盛況で終えて、つい先日全国30公演のツアーファイナルを迎えたばかりの[青葉市子]、鹿児島では唯一無二の存在として広く知られる[ぢゃんシーラカンス]、2人のミュージシャンによる弾き語りライブとなりました。この場所では最後のイベントとなります。是非お越しください。

当日会場ではさくらじまJacob Spice(@sakurajimajacobspice )のカレー、(@kyonsii_kyonsii )による焼き菓子の販売も行われます。

ご予約はメールにてinfo@newalternativegallery.comまで、件名に2/24、本文にお名前とご連絡先を記入して下さい。またご予約はお一人様ずつとなります。(複数人分のご予約は承りかねます)
※15歳未満のお客様のご入場はご容赦ください。定員に達した時点で受付終了となります


青葉市子 / ICHIKO AOBA

1990年1月28日生まれ。
2010年よりソロ作品を発表し、最新作は2018年、6枚目となる『qp』。
そのほかに、細野晴臣、坂本龍一、小山田圭吾、U-zhaan とのスタジオ・セッションを CD化した『ラヂヲ』や、ビートメーカーSweet Williamとのコラボシングル『からかひ』、マヒトゥ・ザ・ピーポーとのユニット ” NUUAMM ” 名義でも作品をリリースしている。
2018年は台湾・タイ・マレーシア・シンガポール・香港を回る自身3回目となるアジアツアーを開催。
同年秋からは『ichiko aoba qp tour 2018 – 2019』として全国30公演を行う。
その他、キユーピー、小田急ロマンスカー、東京エレクトロン、タマホーム等のCM音楽や
『百鬼オペラ 羅生門』『わたしは真悟』 『レミング~世界の涯まで連れてって~』『cocoon』等舞台作品への参加、
短編アニメ『ブレードランナー ブラックアウト2022』ではヒロイン・トリクシー役の声優を担当する等、多岐にわたり活動中。

www.ichikoaoba.com


ぢゃん

福島県出身。中学生の頃にテレビで見た友川かずき氏の歌声で音楽に目覚める。
フォーク、ロック、パンク、メタル、レゲエと順当に音楽に触れ、感じたことを感じたままにただ歌でありたいと思う。ソロ活動の他、アフリカンパーカッショニスト肥後和明氏とのネオトライブユニットである武者ドレッドのVo&G担当。
たまにふらりと夜の天文館アーケードにもギター片手に出没する。
2014年5月に3曲入りCD「シーラカンス」を発売
本業は鍼灸師。医療系専門学校の非常勤講師の他、自然堂鍼灸療術院の院長。鍼灸学修士。柔道整復師。

SAIKO OTAKE SAMPLING #09


 
SAIKO OTAKE
SAMPLING #09
2019.1.19(sat)-27(sun)
OPEN 11:00-19:00
CLOSED 1.22(火)
Reception Party 1/19(sat)19:00〜21:00
 
私の採取物は日常にひっそりと潜んでいる。
カメラを片手に視界にふいに現れる閃光放つ標的を逃すまいと
アンテナは常時張り巡らせておかなければならない。
偶然か、必然か。
九州で採取されたモノは
互いの磁力で引かれ合い一つのイメージとして記録されていく。
これらは私の一期一会の集合体である。
SAIKO OTAKE
 
profile

大竹彩子 SAIKO OTAKE
1988年生まれ。
2016年 ロンドン芸術大学 セントラル・セント・マーチンズ / グラフィックデザイン科卒業
web: http://www.saikootake.com/
instagram: @sai_otk
 
□ 主な展覧会
2016 個展“EXUVIA” at Tsuru + LIM (ロンドン)
個展 ”EXUVIA” at Kizuki + LIM (シンガポール)
2017 個展 ”STAR STAR STAR” at Kizuki + LIM (シンガポール)
グループ展 ”see bag, buy bag” at OMOTESANDO ROCKET (東京)
グループ展 ”dix vol.2” at QUIET NOISE arts and break (東京)
グループ展 ”OUT(of)DOOR アウト(オブ)ドア展” at THE NORTH FACE STAMDARD (東京、京都)
グループ展 ”29 VS QUIET NOISE” at QUIET NOISE arts and break(東京)
2018 個展 ”VISUAL SAMPLING” at ALONE (台中)
個展 ”KINMEGINME “ ギャラリー・アートアンリミテッド(東京)
 
□ 雑誌、刊行物、web など
2016 雑誌 1GRANARY ‘NIPPON’
web HOUYHNHNM PORTRAIT IN LONDON VOL2.大竹彩子
web「i-D×CHANEL No.5」THE FIFTH SENSE
web Lomo Amigo Saiko Otake × LC-Aシリーズ
2017 雑誌『GINZA』2月号
雑誌『 i-D JAPAN』No.3
雑誌『STUDIO VOICE』 Vol.410 “VS”
2018 雑誌 『Numero TOKYO』 116 5月号
雑誌 『Numero TOKYO』 119 1,2月号
雑誌 『PERK』 No.28
 
□ 出版
『KINMEGINME』 (2018)
『FORMOSA』 (2018)
『INANDOUT』 (2017)
『7OR8』(2017)
『FLANGER / SO』 (2017)
『19 / 1-9』 (2017)
『STAR STAR』(2017)
『SWI-SS』 (2016)
『SOMEWHERE』 (2016)
『NIPPON』 (2016)
保存保存

STEREO TENNIS LIMITED SHOP


 
話題のアーティスト/STEREO TENNIS(ステレオテニス)によるPOP UPを開催致します。
先日大阪は梅田阪急百貨店にて開催され話題となったLIMITED SHOPがNEW ALTERNATIVEで開催。
オリジナルテキスタイルを使用したグッズや真鍮のアクセサリーなどを展示販売。数に限りがありますのでどうぞお早目に。初日にはステレオテニス自身も在廊予定となります。
 
【STEREO TENNIS LIMITED SHOP at NEWALTANATIVE】
日時:2018年9月29日(​土​)〜 2018年10月1日(​月​) 11:00〜19:00

 

©STEREO TENNIS


ステレオテニス:グラフィックアーティスト/イラストレーター
ノスタルジックな時代感覚を、イラスト表現やグラフィックなど様々な手法を用いて作品へ取り入れ、なかでも80年代グラフィックのトーン&マナーを現代に落とし込む作風を軸とする。
リヴァイヴァルでありながら時代に沿って刷新していくデザインが特徴。
多岐にわたるコラボレーションやグラフィック提供を行い、電気グルーヴ、木村カエラ、DISH//、ももいろクローバーZ、きゃりーぱみゅぱみゅ、ハローキティ等、様々なアーティストとのコラボレーションやツアーグッズも手がける。
テレビ東京「怪奇恋愛作戦」エンディングやポスター、PARCOバレンタイン広告、GAP、31アイスクリーム、TOYOTA vitsなど、様々な企業とも積極的に取り組み、ジャンルを超えて活動を行う。最新では2018年東京ガールズコレクション春夏のキービジュアルを担当。
http://www.stereo-tennis.net

保存保存

曽我大穂 solo「サーカスの旅"circo de musico"」 鹿児島公演


バルセロナ・リスボン・ベルリン・パリ・ニューヨークでの公演を行うなど、国内外で活動する「 CINEMA dub MONKS 」主宰。そして現代サーカスプロジェクト「 仕立て屋のサーカス ” circo de sastre ” 」の立ち上げメンバーとして、マドリッド・ジャカルタでの海外公演を成功に収める等、様々な都市で注目を集める音楽家「 曽我大穂 」

数々の土地を旅して来た中で生まれた何かを元に、フルート・カヴァキーニョ・ハーモニカ・ピアニカなど多数の楽器を奏でながら構築する一本のロードムービーのようなソロ公演「 サーカスの旅 ” circo de musico” 」が、7/28(土) 鹿児島・NEW ALTERNATIVE 、7/30(月) 福岡・UNION SODA にて開催。
 
曽我大穂 solo「サーカスの旅”circo de musico”」鹿児島公演
LIVE:曽我大穂(CINEMA dub MONKS/仕立て屋のサーカス”circo de sastre”)

日時:2018年7月28日(​土)18:00開場​/19:00開演
会場:NEW ALTERNATIVE 鹿児島市武1-21-39
入場料:一般前売¥2,000 / 当日¥2,300
学割前売¥1,000 (18歳以下前売 無料)
全席自由 スタンディング/1drink order/未就学児童可
申し込み方法:(要予約)件名に「7/28(土)曽我大穂 LIVE 鹿児島公演」本文に「お名前/お電話番号/ご参加人数/お連れ様のお名前」をお書き添えのうえ、info@newalternativegallery.comまでお申し込みください。

曽我大穂 solo「サーカスの旅”circo de musico”」
福岡公演
LIVE:曽我大穂(CINEMA dub MONKS/仕立て屋のサーカス”circo de sastre”)
日時:2018年7月30日(​月​) 20:00開場​ / 20:30開演
会場:UNION SODA 福岡市中央区大名1-1-3-201
入場料:一般前売¥2,000 / 当日¥2,300
OPEN UNION … 学割前売¥1,000
OPEN UNION … 18歳以下前売 無料
全席自由/スタンディング/1drink order/未就学児童可
[WEB予約]:プロフィールURL「BUY TICKET」のhttps://t.livepocket.jp/p/unionsoda より
問合せ : 070-5270-3973(平日11:00-18:00)


曽我大穂
音楽家、多楽器奏者。映像などを使い1本の映画のような物語性の高いライヴを展開し続けるグループ ” CINEMA dub MONKS ” を主宰。 2014年、現代サーカスグループ「 仕立て屋のサーカス ” circo de sastre ” をファッションデザイナー「 スズキタカユキ 」、照明作家「 渡辺敬之 」、ベーシスト「 ガンジー西垣 」と結成し活動。その他、二階堂和美・ハナレグミ・キセル、他数多くのミュージシャンのレコーディングやライブサポートメンバーとしても知られる。小説家「 いしいしんじ 」とのセッション、コンテンポラリーダンス、演劇、短編映画等、様々な分野の音楽制作や演奏も手掛けている。これまでに CINEMA dub MONKSとして、3枚のCDアルバムと1枚のアナログ盤をリリース。

保存保存

ISI PRESS vol.3出版記念展覧会


横山裕一「ISI PRESS vol.3出版記念展覧会」
【会期】
2018年7月15日(日)-29日(日)
11:00〜19:00 土日祝のみ営業
【オープニングレセプション】
2018年7月14日(土) 18:00〜20:00
(入場無料/フリードリンク)
 
横山裕一
1967 年宮崎県生まれ、埼玉県在住
横山裕一は 1990 年に武蔵野美術大学油絵科を卒業した後ファインアートの制作を行って いたが、2000 年以降「時間を描く」ことができる漫画を表現方法として選ぶ。疾走感の ある描線やオノマトペ、途切れることなく描かれる時の流れや独特なキャラクターが特徴 となる横山の漫画は「ネオ漫画」と称され、『ニュー土木』、『トラベル』、『NIWA』、『ベビー ブーム』、『世界地図の間 ( ま )』など多くの著書は日本、フランス、アメリカ、イタリア、 スペイン、ロシアなどの国で翻訳、出版され人気を博している。その他、高濃度蛍光色を ふんだんに使用し横山の鮮やかな色彩の原画を再現した『BABY BOOM FINAL』など、質 の高い作品集も出版されている。
保存保存
保存保存保存保存
保存保存

石川直樹 「極北へ」刊行記念トーク&サイン会 開催


 
今年1月、NEW ALTERNATIVEにて開催した展覧会「Far north -極北-」も
大好評だった写真家/冒険家の石川直樹による初の長編エッセイ「極北へ(朝日新聞出版刊)」の刊行記念トーク&サイン会。来秋には霧島アートの森にて展覧会開催予定。
日時:2018年7月13日(金)20:00−21:00(19:30開場)
場所:NEW ALTERNATIVE 鹿児島市武1-21-39
定員:30名
参加費:1,500円(税込)※1ドリンク付き
要予約:ご参加をご希望の方は、件名に「7/13(金)石川直樹トークイベント参加希望」、本文に以下の必要事項をお書き添えのうえ、info@newalternativegallery.comまでお申し込みください。
・お名前
・お電話番号
・ご参加人数
 
石川直樹 Naoki Ishikawa
1977年東京生まれ。写真家。東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。人類学、民俗学などの領域に関心を持ち、辺境から都市まであらゆる場所を旅しながら、作品を発表し続けている。『NEW DIMENSION』(赤々舎)、『POLAR』(リトルモア)により、日本写真協会新人賞、講談社出版文化賞。『CORONA』(青土社)により土門拳賞を受賞。著書に、開高健ノンフィクション賞を受賞した『最後の冒険家』(集英社)ほか多数。最近では、ヒマラヤの8000m峰に焦点をあてた写真集シリーズ『Lhotse』『Qomolangma』『Manaslu』『Makalu』『K2』(SLANT)を5冊連続刊行。最新刊に写真集『Svalbard』『流星の島』(SUPER LABO)、著書『極北へ』(毎日新聞出版)がある。
http://www.straightree.com
保存保存保存保存保存保存
保存保存保存保存

ミームの生地屋さん in 鹿児島 NEW ALTERNATIVE



「ミームの生地屋さん in 鹿児島 NEW ALTERNATIVE」



【会期】
2018年5月3日(木・祝)/4日(金・祝)/5日(土)/6日(日)
11:00–19:00
 
meme(ミーム)とは、日傘作家/ひがしちかさん、イラストレーター/塩川いづみさん
イラストレータ/前田ひさえさんの3人が、日記を書くように布に絵を描いていくことで、記憶が様々なものに変容していく…という布にまつわるプロジェクト。
4年ぶりに活動を再開し、全国を巡回していく企画展です。
 
そしてこの度、GW特別追加企画としてNEW ALTERNATIVEで開催する運びとなりました。
 
3人が描いた約100種類の柄の中から、お好きな数量(1m〜 / 50cm単位)のオーダーが可能です。
また、書籍や小物類の販売も予定しております。
鹿児島では初の展示会となります。この機会に是非お越しください。
 





 

meme(ミーム)

ひがしちか(日傘作家)・塩川いづみ(イラストレーター)・ 前田ひさえ(イラストレーター)の三人による、絵(日記)を軸とした布にまつわるプロジェクトです。さまざまなものと出会い、変容しながら、表現します。
http://we-me.me/https://www.cocilaelle.com
http://www.shiokawaizumi.com
http://hisaemaeda.com/

 
保存保存
保存保存
保存保存
保存保存
保存保存
保存保存
保存保存
保存保存

kishka vintage


kishka vintage

2017年11月11日(土)/12日(日) at NEW ALTERNATIVE
日本各地で売切れてしまうほどの人気を誇り、ファッション誌「SPUR (2017年11月号)」に特集を組まれるなど、話題の移動服屋“kishka vintage” を11日(土)と12日(日)の2日間、NEW ALTERNATIVEにて開催します。
東京、仙台、京都、鳥取、広島に続き、鹿児島に初上陸。
※12日(日)18:00より武田カオリ投げ銭ライブを開催致します。(入場無料)
*両日共に東京代々木のLittle Nap COFFEE STANDのバリスタ/濱田大介氏の来店も決定しています。
濱田氏によるドリップコーヒーもお楽しみに 。
 
 

kishka vintage ( キーシュカビンテージ )
TICA、川上つよしと彼のムードメイカーズ、trio fascinationのメンバーとしても活動しているミュージシャンの武田カオリ氏が主宰する移動式ヴィンテージショップ。
ウクライナを中心に、東欧の1920年代~50年代の東欧のリネンやヘンプ生地を用いて一つ一つ丁寧に作られた刺繍のアンティークドレスや、それらにリペアやリメイクを施したもの、そして世界各国のクローゼットで大切にされてきた70年代以降のヴィンテージなどが並ぶ。

 

濱田大介 / Little Nap COFFEE STAND
代々木公園の西側に佇むコーヒースタンド。オーナーの濱田大介はバリスタとしての一面だけでなく、店舗・空間のプロデュースも手掛ける。またミュージシャンとの親交が深く、自身もDJとして活動。 音楽イベントも積極的に開催し、コーヒーを軸に多面的な活動を繰り広げている。 2011年2月のオープン以来、Little Napを舞台に様々な職種の人々が出会っては繋がり、今や世界各国のクリエイターが訪れる東京の代表的なスポットに。 コーヒースタンドに留まらず、新たなカルチャーが生まれる場所として注目を集めている。2017年2月、Little Nap COFFEE ROASTERSオープン。
http://www.littlenap.jp

 

OLAibi LIVE at NEW ALTERNATIVE

S__5619716
OLAibi LIVE at NEW ALTERNATIVE
日時:2017年9月24日(日)
open/17:30 start/18:00
予約:2500円 / 当日:3000円
※未就学児の入場をお断りさせて頂きます。
出店:ANAN coffee stand
ご予約:info@newalternativegallery.com
お問合せ:099-259-3080
 
 
OLAibi / オライビ

image1
太鼓をたたく、歌をうたう。
小さな頃から、アフリカの事を深く思い始める。 知らない言葉を知っている。
知らない歌を知っている。
そんなきっかけから西アフリカの太鼓を始める。OLAIbi(オライビ)はホピの村の名前だが、た だ、アやイの言霊が心地よかった。
2013年、長い東京暮らしを離れ、ある森の中に 住まいを移す。
6000坪もの荒れ果てたジャングル。 家族3人で少 しずつ足の踏み場を作り、小屋を建てる。そこを「HUT」と名付け、後に、新たな制作と発 表の場となっていく。その後ツアー、音楽活動のため、様々な場所を飛 び回っていたためだんだん身体がついて行かなく なっていったため、長年在籍していたバンドを辞 めることを決断。
案の定、途方に暮れ。
それを見ていた夫と息子は小さな音楽小屋を建て る。
外の音は、まる聞こえのスタジオ。2017年。レーベル「sunet」を立ち上げ、
そんな音楽の小屋で作った音がCDとなった。 「みみはわす」
暗闇で耳をはわすと、聴こえてくる、無数の物語。
http://olaibi.com

 
 

川内倫子 写真展『Halo』

DM_0820
川内倫子 写真展 『Halo』
会期:2017/10/1(sun)-10/29(sun) 月曜休廊(10/5〜8休)

川内倫子の最新写真集『Halo』の刊行記念展を開催いたします。
『Halo』からのプリント作品と映像作品の展示、併せて観る事でさらに見えてくる世界観をおたのしみください。展覧会に合わせて制作したプリント付き限定版の販売もいたします。
 
オープニングレセプション
9/30(sat)18:00-20:00
予約不要 / 無料
川内倫子 トークショウ
聞き手:サカグチコウヘイ(NEW ALTERNATIVE主宰)
10/1(sun) 13:00 – 15:00
参加費:1,500円(ドリンク付き)
ご予約:info@newalternativegallery.com
お問合せ:099-259-3080
 
オリジナルの写真集としては、2013年に発表した『あめつち』から4年振りとなる、全点デジタルで撮影された、川内倫子の最新写真集『Halo』の刊行記念展を開催いたします。
2010年のブライトン・フォトビエンナーレのコミッション・ワーク以降も撮影を続けている、イギリスで撮影された、旋回を繰り返す無数の渡り鳥の姿。中国・河北省の村で300年以上続く「打樹花」という祭りでは、花火の代わりに鉄くずを溶かし壁にぶつける勇ましい男たち。また、神在月と呼ばれる旧暦の10月に出雲大社で執り行われる神迎祭。八百万の神々を迎えるため、夕刻、稲佐の浜で御神火が焚かれる。参拝者が見守るなか夜の海には雨粒が光る。「円光」や「後光」という意味のほかに、いくつもの星からなる球状星団が、銀河系の周囲を包み込む領域の呼称でもあるHaloと題された本作は、自然と人間の潜在的な関係性と、祈りにも似た生命の力強さが、暗闇に対する恐怖と静寂、光に向けての希望と喜びを内包し描かれる。これまでの作品からさらなる飛躍をみせる、川内倫子の新境地です。
 
川内倫子 Rinko Kawauchi
2002年「うたたね」「花火」( リトルモア刊 ) の2冊で、第27回木村伊兵衛写真賞を受賞。2011年に「 Illuminance 」を世界5カ国で同時出版 ( 日本版はフォイル刊 )、13年に写真集「あめつち」を Apertureほか世界4カ国で刊行予定( 日本は青幻舎 )。09年に ICP ( International Center of Photography ) 主催の第25回インフィニティ賞芸術部門受賞、13年に平成24年度 ( 第63回 ) 芸術選奨文部科学新人賞、第29回写真の町東川賞国内作家賞を受賞。
主な個展は ” AILA + Cui Cui + the eyes, the ears, ” カルティエ財団美術館 ( 05年・パリ )、” Rinko Kawauchi ” The Photographers’ Gallery ( 06年・ロンドン )、” AILA + the eyes, the ears, ” ハッセルブラッド・センター( 07年・イエテボリ、スウェーデン )、” Semear ” サンパウロ近代美術館 ( 07年・サンパウロ )、” Cui Cui ” ヴァンジ彫刻庭園美術館 ( 08年・静岡 )、” Illuminance ” Gallery at Hermès ( 11年・ニューヨーク )、” 照度 あめつち 影を見る ” ( 12年・東京都写真美術館 )、” Rinko Kawauchi – Illuminance ”( 15年・KUNST HAUS WIEN GmbH、ウィーン ) ほか多数。
主なグループ展に、アルル国際写真フェスティバル ( 04年・フランス )、フォトエスパーニャ ( 06年・マドリッド )、” カルティエ現代美術財団コレクション展 ” 東京都現代美術館 ( 06年・東京 )、” Blooming ブラジル-日本 きみのいるところ ” 豊田市美術館 ( 08年 ) ブライトンフォトビエンナーレ2010 ( 10年・ブライトン、イギリス )、” Bye Bye Kitty !!! Between Heaven and Hell in Contemporary Japanese Art ” ジャパン・ソサエティ ( 11年・ニューヨーク )、” Le Mois de la Photo à Montréal ” ( 11年・モントリオール ) などがある。16年に熊本市現代美術館で個展「 川が私を受け入れてくれた 」を開催。
http://www.rinkokawauchi.com
 

halo_2 halo_2